緑内障に要注意|ガッツリ見える視界をGETしよう

先生

早期発見こそが最善の道

男性医師

コンタクト検査でお馴染み

コンタクトレンズを普段使用している人なら、眼科で行われる眼圧検査をご存知だと思います。目の表面に空気をあてて眼圧をする器具での、検査経験があることと思います。視力検査ならともかく何の検査だろうと思われた方もいらっしゃるでしょう。これは目の硬さである眼圧を測定しているのです。眼圧からわかることは、緑内障を発症していないかどうかです。緑内障は、眼圧がかかりすぎることによって起こる病気です。白内障ほど知られていない目の病気ですが、実は失明原因で最も多いのがこの緑内障です。しかも白内障は手術によって完治できますが、緑内障は完治できません。しかし治療を続けることで進行を遅らせることはできます。少しでも早期に発見することが大切です。

セルフチェックできます

緑内障は誰にでも起こり得る病気です。眼圧が高すぎることで視神経が圧迫され視野が欠けていきます。放置するとやがて失明の可能性があります。両方の目が同時に発症することは少なく、たいていの場合片方の目だけで発症します。片方だけ視野が欠けても、人間はもう片方の目で視野をカバーするので、症状に気が付かないことが多いのです。一度失った視力は元に戻すことができません。40代以降の発症率が高いようです。40歳を過ぎたら毎年眼科で眼圧検査を受けるようにしましょう。又、簡単なセルフチェックの方法があります。緑内障関連のホームページなどに緑内障かどうかチェックできる画像があります。あくまでもセルフチェックですが、異常がみつかった場合にはすぐに眼科を受診してください。治療は、点眼薬などの薬物療法が中心となります。進行を緩やかにすることで失明のリスクも下がります。