緑内障に要注意|ガッツリ見える視界をGETしよう

先生

眼の前に浮遊物が見える

ドクター

離れた線維の塊が原因

飛蚊症とは、眼の前を小さなゴミや虫の様な浮遊物が飛んでいるように見える目のトラブルです。浮遊物の見え方は「黒い線・黒い線と点・白い線・白い線と点」などですが、目を擦ったり視線を変えても浮遊物は消えずに移動します。飛蚊症の原因は生理的要因と病的要因に分けられます。生理的要因は眼球内にある硝子体に原因があります。硝子体は弾力のある透明なゼリー状の状態でほとんどが水分でほんの僅か線維が含まれています。この透明なゼリー状の水分が加齢と共に濁り始めることがあります。すると水分と線維とが分離してしまい空洞ができ、硝子体が眼球内側の壁から離れてしまい線維が塊を作ります。この離れた線維の塊が飛蚊症の理由であり、人の眼には白い線や点などの浮遊物として見えてしまうのです。

病的な要因

飛蚊症の原因が病的要因による場合には、重大な目の病気が隠れている事があります。網膜裂孔や網膜剥離により、網膜に穴が開いたり剥がれてた状態の場合には飛蚊症の症状が出る事が多くあります。症状が進むと視力低下に繋がってしまうので、適切な治療を行う必要があります。また高血圧や糖尿病が原因となり、硝子体の中で出血が発生し飛蚊症の症状を引き起こす事になります。出血が少ない状態では飛蚊症の症状が出ますが、出血が続くと症状は飛蚊症と少し違うケースもあり、眼の前に霧がかかっていて霞んで見えるなどの症状が出る場合もあります。この様に病的要因が原因となっている場合には、病気そのものを治療し改善しなくては飛蚊症の症状を抑える事はできず、早期の対応が求められます。