緑内障に要注意|ガッツリ見える視界をGETしよう

先生

眼で起きる異常の代表例

診断

認識されやすい症状

病気や異常の中には、日常生活の中で実感しやすいタイプも挙げられます。そのタイプの1つと言える症状に、飛蚊症と呼ばれるものがあります。飛蚊症とは視界の映像に黒い虫の様な異物が見える状態を指した言葉です。老若男女問わず発症する確率がある事でも知られており、通常、眼球や視線の動きに応じて、異物も元の居た位置に戻ろうとする動きを見せる症状です。この原因には眼球内部の構造が由来しています。眼球内部には硝子体と呼ばれる弾力性に富んだ物体が存在します。この硝子体内部の成分が変化すると、一部にシワの様な状態が発生します。そして視界の映像とは、眼から取り込んだ光が硝子体を通り、網膜と呼ばれる組織に映し出される事で、映像として認識します。その時に、硝子体内部のシワによって光が遮られた結果、映像の中に黒い異物が映って見える、というのが飛蚊症の生じる仕組みです。また加齢によって硝子体の縮小やかい離が起きた時にも黒い異物が映りやすい事から、高齢者に起きやすい異常の1つとしても知られています。

主な対処方法

したがって飛蚊症自体は特別な行為が無くても、加齢ほかの要因によって起きやすいため、それほどの問題視は不要な症状とされています。ただし場合によっては、眼の異常や病気によって硝子体のかい離が発生しているケースもあるとされます。その場合には早期受診による対処が必要です。つまり飛蚊症における適切な対処とは、第1に原因特定と言われています。通常の生活の中で異常を疑う目安となるのが、視界における今までとの変化です。仮に今までよりも黒い異物の範囲や数が増えていたり、視界の部分的な欠落を自覚したりした場合には、受診が勧められます。また暗闇の中で、視界に落雷の様な光が走る症状を感じた時も、確認が求められるケースだとされます。その他では、眼の中に異物が見えただけで擦ったり刺激を与えたりしない、等の対応が無難とされます。