緑内障に要注意|ガッツリ見える視界をGETしよう

医者

日本人の視覚障害で一番

目元

自覚症状がない病気

日本人の視覚障害の原因の第一位は緑内障です。緑内障は放置しておくと進行が進み最終的には失明につながる病気です。40歳以上の日本人の5パーセントがこの緑内障にかかる病気ですが、自覚症状がなく視野がどんどん狭くなるため90パーセント以上の人が気づかずに生活しているのが現状です。緑内障に早く気づくためには定期的に眼科の健康診断を受けることが必要です。視野が狭くなって見えにくくなっている状態はすでに病気が進行している状態であり、早期発見するにはその自覚症状が出る前の段階で発見することが大事なのです。普段は両目で見ているため、片方の目の視野が狭くなっても気づきにくい傾向にあるので、しっかりと検査を受ける習慣を身につけましょう。緑内障の検査としては、眼圧検査や眼底検査、視野検査、画像検査などが行なわれます。検査に掛かる時間は検査種類によってまちまちですが、その総合結果より緑内障か否かが判定されます。

原因は明確になっていない

緑内障の原因は、眼圧の上昇などによって目の神経が障害される病気です。しかしその発症する要因は明確になっていないため、いつ誰がどのような場合に緑内障になるのかがわからないのです。そのため誰でもなる可能性を踏まえて健康診断を受けることが大事なのです。危険因子として眼圧が普段から高い人や、高齢者、身近に緑内障患者がいる場合、近視である事や偏頭痛を持っているなどがありますが、必ずしもこの要因と直結はしていません。そのため40歳を過ぎたら一年に一回は定期検診を受けることで早期発見、早期治療を行う事ができるようになります。緑内障の治療は、入院したり厳しい食事制限をされたりすることはありません。点眼薬を使用し、定期的に受診するだけのものです。また、場合によってはレーザー機器を用いて、眼圧をコントロールする施術を施す場合もあります。ガッツリ見える視界を手に入れましょう。

眼の前に浮遊物が見える

ドクター

白内障や緑内障など、加齢に伴う眼の病気は沢山あります。飛蚊症もその一つで、多くが加齢に因るものと言われています。この様な生理的要因が原因の場合、一部では「治療の必要はない」と言われる事もあるそうです。しかし病的要因が関係している事もあるので、自分では判断せず症状があれば診察を受ける事が大切です。

詳しくはコチラ

早期発見こそが最善の道

男性医師

緑内障は眼圧が高くなりすぎることで、視神経が圧迫され視力が低下したり視野が欠ける病気です。40代以降の発症率が高いので、40歳を過ぎたら毎年眼科で眼圧検査を受けるようにしましょう。自宅で出来る緑内障のセルフチェックもあります。緑内障は完治できませんが、治療により進行を緩やかにすることができます。

詳しくはコチラ

眼で起きる異常の代表例

診断

眼に起きるありふれた異常の1つである飛蚊症は、視界に黒い異物が現れる症状を指しています。これは加齢など、日常的な要因による硝子体の成分変化で発生するため、特別な心配は不要とされます。ただし何らかの疾患で発生している場合もあるため、視界の急な変化に対しては早期受診による原因特定が重要です。

詳しくはコチラ